身近なはずが遠い?本格和食

春らしい気候になってきましたね。

気分もなんとなく晴れやかになる?

そんな時期であります。

 

さて本日は明日にかけて

 

WABIやまどり和食のコース料理

*お店の詳細はこちらのページより

 

のご案内です。

 

和婚お料理高崎市

食の芸術とも言われる和食

 

コース料理といって思い浮かぶのは

フレンチ

ではないでしょうか?

 

結婚式のお料理

といって思い浮かべるのも同様ですね。

 

我々日本人には「和食は身近」なはずが、

「ちゃんと食べたことある?」

っと聞かれれば

「ないかもしれない・・・。」

こんな方が多数です。

 

 

日本は世界有数の美食大国っと言われております。

メディアを見れば食情報も満載ですし、

ここ地方都市高崎市・前橋市にも世界各国のお料理が食べられるお店も多数。

 

外食をしよう!

 

こう思い立って選ぶのは

  • イタリアン
  • フレンチ
  • 中華
  • エスニック

・・・etc

 

お寿司や居酒屋はさておき、

なぜか本格和食っという選択肢はなかなか出ません。

 

WABIやまどり新井オーナーシェフも

「うちのお客さんの平均年齢はびっくりするほど高い(笑)。」

こう嘆く時もあるくらい、

本格和食は高いので、気軽に

「行ってみよー!」

っとはならないののも確かです。

 

ではなぜ高価なのか?

 

和婚お料理高崎市

婚礼を彩る高級和食

 

本格和食と定食屋さん・居酒屋さんの違いは

 

食材とおだし

 

っと前述の新井オーナーシェフの言葉です。

 

昨今では家庭で楽しむ本格出汁シリーズなんかも人気で、評価も高まっておりますが、

高級な和食店には

 

その店だけのだし(出汁)

 

があります。

これは所謂「秘伝」ってやつでしょうか!

 

後ほど(明日記載)コース料理のご案内をしますが、

各皿の下地を支えているのがこれであります。

  • お椀もの
  • 煮物

など分かりやすいものはもとより、

  • 前菜の下地
  • 焼き物の味付け

・・・etc

「これもだしが入ってるの?」

こうな風に気づかないほどさりげなく各皿を支えています。

 

WABIやまどり高級日本料理の出汁

天然利尻昆布

 

またWABIやまどりのだしは全て

天然利尻昆布

にて作られております。

皇室に献上するほど貴重な昆布で、

「お金出すから売ってください。」

こうんな風に依頼しても

「どこの誰がどんな風に使うかわからない初見さんには売りません。」

断られる代物だそうです。

 

その昆布を根底に、研究と経験をもとに、長い時間をかけて丁寧に作るそうです。

一長一短ではたどり着かない味の決め手、

和食って大変ですね・・・(笑)。

 

高級食材(魚・肉.野菜類など)をベースに、繊細な味を実現する、

 

我々には身近な和食ですが、

 

「これは家で絶対無理でしょ!」

 

ここまで行かなければならないから

 

高級本格和食

 

だったりします。

 

群馬レストランウェディング和婚

見れば見るほど繊細な皿類

 

  • 家族・親族中心の結婚式だからこそ、
  • 神社で和の結婚式だからこそ

 

是非選んでみてはいかがでしょうか?

 

明日はコースのご案内とご説明をいたします!!!

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す